春の声



風のくらの、蔵の横にある井戸周辺を整備しています。
掘り起こした土を目ざとく見つけて餌を探しているのは、腹の橙色が特徴のジョウビタキのオスです。
辺り一面にピーピーと大きな声が響き、時には カッカッと不思議な声で鳴いています。



こちらは太門窯さんの傍に立つ白梅。まん丸に膨らんだ蕾が、ひとつ ふたつと咲き始めました。
登り窯では今朝から火が入り、昼には600度を超えたそうで、薄煙が見えます。
明日には濛々と勢いよく黒煙が立ちのぼっていることでしょう。  R.Y

福岡の土間のある家 古民家再生モデル住宅 「風のくら」

ブログトップ

デザイン&リノベーション

スタジオ【風のくら】

トップにもどる
風のくらについて

古民家再生福岡

■■古民家再生福岡■■
築140年の古民家を現代のデザインを取り入れて、リノベーションしました。古くて新しい日本の住まいと暮らしを提案します。
古民家再生スタジオ「風のくら」
筑紫野市大字山口2122番
TEL 092-555-5530
カテゴリ
最新記事
過去の記事
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
facebook