花のある生活

これまで花をテーマにいろいろ綴ってきましたが、風のくらの庭や周りには四季折々の花が

たくさんあり、花のある生活は心を豊かにし、生命のすばらしさを体感させてくれます。


バラも春の開花を終え、私たちに素晴らしい感動を与えてくれました。

四季咲きのバラが多いので、間もなく始まる次の開花が楽しみです。

風のくらは、バラを中心に宿根草を始め、訪れた人が楽しめるガーデンを目指して

いきたいと思っています。
 




  IMG_8423


  




  


 


  


  



福岡の土間のある家 古民家再生モデル住宅 「風のくら」

イングリッシュ・ローズ②

風のくらのバラが、次々と花咲いています。

かすかに絞りの入る濃い青紫色の ミステリューズ。

しなやかな枝に房咲きの花を咲かせ、品種名のとおり’ミステリアス’な花色です。


香りが強く、ピンクの大輪バラとなる ローズ・ポンパドゥール。

花名は、フランス国王ルイ15世の寵姫、ポンパドール侯爵夫人が好んだ色

「ポンパドゥールピンク」に由来するそう。


グラデーションがかる濃いピンクの香りバラの シェエラザード


ムンステッド・ウッドの一番花を水盤に浮かべてみました



福岡の土間のある家 古民家再生モデル住宅 「風のくら」

ガーデニング

風のくらの花壇にバラと一緒に植えた花が咲きました。

クレマチス・パルセット

白と桃の花弁と紫色の花芯がバランスの良い、上品な花形の花です。


オルレア

白くレースで編んだような繊細な花は、清楚でナチュラルな雰囲気が魅力です。



福岡の土間のある家 古民家再生モデル住宅 「風のくら」

野花を飾ってみました

 

アザミと、ハルジオン


 

オダマキ


 

ユキノシタ


 

ノイバラ



福岡の土間のある家 古民家再生モデル住宅 「風のくら」

ムラサキツユクサ

濃い紫色の花が、心和ませるムラサキツユクサ。

今年も石垣の間から根強く咲いていました。
長い期間、次々と花を咲かせ楽しませてくれます。



福岡の土間のある家 古民家再生モデル住宅 「風のくら」

ノイバラ(野ばら)

風のくらの裏庭に自生しているノイバラ(野ばら)。白色の花が何とも上品な美しさです。

野に咲く素朴な花のイメージが、「純朴な愛」の花言葉の由来となっているそうです。



福岡の土間のある家 古民家再生モデル住宅 「風のくら」

イングリッシュ・ローズ

第2号目のバラの花ムンステッド・ウッドが咲きました。

深紅の色も鮮やかで、強いオールドローズ香に軽くフルーツ香がします。


第1号目のボレロも次々とつぼみが開き、清楚で白さが際立つ美しさです。

これから各種バラの開花が進み、楽しみです。



福岡の土間のある家 古民家再生モデル住宅 「風のくら」

イチハツ

今年も咲きました。

アヤメの仲間の中で一番早く花をつけることから「一初」の名がついたそうです。

優しい紫色の花がとても清楚です。



福岡の土間のある家 古民家再生モデル住宅 「風のくら」

ブログトップ

デザイン&リノベーション

スタジオ【風のくら】

トップにもどる
風のくらについて

古民家再生福岡

■■古民家再生福岡■■
築140年の古民家を現代のデザインを取り入れて、リノベーションしました。古くて新しい日本の住まいと暮らしを提案します。
古民家再生スタジオ「風のくら」
筑紫野市大字山口2122番
TEL 092-555-5530
カテゴリ
最新記事
過去の記事
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
facebook